FC2ブログ

住まいのコンサルティング~『心地良い住まいのご提案』

住まいの新築やリフォーム、購入などをご検討の方、インテリアから外観デザインまで、住まいを何とかしたいとお思いの方に少しでもお役に立てるようなヒントを提供できればと思っています♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

3.11から5年 家具の固定してますか?

2011年3月11日の東日本大震災から5年、 

東北だけでなく、首都圏でも大きな揺れがあり、家具の転倒や移動で
怖い思いをした人がたくさんいらっしゃいました。

具体的な被災地支援や復興支援だけでなく、日々の暮らしの中で何ができるでしょうか?
まずは自分の暮らし、住まいを省みて、防災対策を行うことではないか、と思ったりしています。

家具転倒防止対策、家具固対策、
あなたの住まいは、してますか?

家具固定 これはブサイク?OK範囲?


あちこちのセミナーでお伝えしていることをポイントで少し・・・

1)家具を減らす  
 家具に囲まれて寝てませんか? 
寝室に背の高い家具は置かない! 出来るだけ、家具ナッシングNOTHING!

 日本の住環境、今の多くのお住まいでは、家具の無い部屋、ってないぐらい
様々なモノ、それを収納するハコ、に囲まれて暮らしているかと思います。
ゼロにはできなくとも、一つ減らすことを考えてみる、
低い家具に買い替えてみることを考えてみる、 
そのモノが、そのハコが、本当に必要ですか? 

2)家具レイアウトを見直す 
家具レイアウトにより避難動線の確保、 避難待機スペースの確保、など
余裕で生まれてきます。 
また、動線を整理することで、普段から動きやすい空間にしていくことは十分可能です。
ちょっとした工夫、考え方や視点を変えてみて、家具の配置を変えることで
すっきりした毎日の暮らしと、非常時の避難動線を確保し、ケガなどの被害を軽減し、
孤立を防ぎます。

3)家具固定を行う 
 間接固定ではなく、直接固定をしましょう~
現実的には固定は素人では難しいのが現状です。
壁面が石膏ボードが多い昨今、下地を探して(木造の場合) ビス留め、ですが
RCのマンションの場合、躯体を傷つけられない、など種々問題があります。
(詳しくは別途) 
これらは、個人で解決できる域を超えている、というのが私の考えで、
もっと専門家が介入したり、管理組合など組織としても関わっていかないと
個々人に任せる、には、結局のところ、真の防災推進、防災向上、には成り得ないと
思っております。

セミナーでは事例を交えて紹介しております。
ご興味のある方は、ぜひお問合せください。



 
関連記事
スポンサーサイト


  1. 2016/03/11(金) 16:00:00|
  2. 耐震 防災 液状化|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<3.11から5年、 家具転倒防止の改善改革活動で思う事 | ホーム | 家具転倒防止 防災とインテリアセミナー開催>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sumaikoubou55live.blog12.fc2.com/tb.php/219-c674c2fe
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。