FC2ブログ

住まいのコンサルティング~『心地良い住まいのご提案』

住まいの新築やリフォーム、購入などをご検討の方、インテリアから外観デザインまで、住まいを何とかしたいとお思いの方に少しでもお役に立てるようなヒントを提供できればと思っています♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

小1の壁 ホントウのところ 

夏休みも終わり、明日からまた学校が始まりますね。

小一の壁 の解消を盛んに挙げて、
待機児童解消に政府も本腰を入れて取り組み始めていますね。

今春から、小一の息子と悪戦苦闘してきて、私が感じたコト、これからどうすべきか、
私なりの考えも交えて書いてみました。 「小1の壁」を正しく認識してほしいです~
(長文ですが、よければおつきあいください)

小一の壁 は 3つ、有る‼︎
1) 物理的=時間的な 小一の壁= 預け先
2) 子ども自身が、乗り越える⁈ 小一の壁
3) 親が仕事面で悩む 小一の壁

1) 物理的=時間的な 小一の壁 =預け先
これは、よく言われている学童保育などの預け先がなかったり、夜の7時頃までだったり
して、親の仕事や帰宅時間と合わなくて困る場合。
これは、今、政府も本腰を入れて取り組み始めた、待機児童解消の政策で、
ある程度は解決していくだろうと 私は楽観視してる。
でも、預け先が確保出来たら、それで全て問題解決なの?

細かくはもっと色々あるのだ〜
実際困ったのは、4月の入学式の日に、4月の予定を言われて、平日を半日程空けないと
いけない。。授業参観や保護者会、半日授業などなど…
 授業参観など自分の親だけ来てないと、やはり子どもは悲しむというか、不安になったり
するのではないか、と思うと、なんとか予定をやりくりして行くようにする…
入学式の日だけ休むのに精一杯なのに、と言うママさんも多数いた…
また、授業参観の後に保護者会など顔合わせがあり、やはり出ておかないと、という
暗黙の了解があったりしてf^_^; あまり、仕事仕事と言ってると、「皆、忙しいのは同じ」と
なるので… 実際は、パパさんが代わりに出席したり… みんなタイヘンだわ… 

このように、預け先の話ではなく、親の時間がフレキシブルに対応できるかという
問題に直面してしまう。。。 

 なので、私も4、5月は出来るだけ仕事はフレキシブルに出来るようにしていたけど、
普通に働いてると4月はただでさえ色々と仕事面でも予定あるのになあ〜と。。。結構キツイ>_<
出来れば、3月にでも予定表配布とかしてくれるととっても助かるのに。…

なので、子どもの預け先の解決という政策だけでなく、親が身体を空けて子どもの学校行事や
準備に備えられるような、制度やシステムが必要があるって思いまする。。。。 


1404 入学式の日


2) 子ども自身が乗り越える⁈ 小1の壁 親も一緒に乗り越えていこう 

子供にしたら、つい3月までは保育園にママが送り迎えしてくれて、自転車の後ろに乗って
楽チンの毎日だったのに、4月からいきなり重たいランドセルしょって、一人で登下校、
準備も自分でするように言われたりとか、気持ちも身体もイッパイイッパイ…(>人<;)

加えて学校のお友達と合う合わない、先生スキきらい、とか… 色々ある。。。。
学童は4月1日からあるので、まずはそちらで慣らしていって、学童も朝夕と送り迎えや
お弁当作りと、ママの方もタイヘンだが… それより何より新しい環境で、子供自身が
新たなこと=「小学一年生」をやっていくことは、大人が思う以上にとってはタイヘン…

さいわい、ウチの息子は人見知りもせず、新しいところにもガンガン入っていくような
親もビックリな面があり、そのため学校行くのは毎日楽しく行きだしたので、
まずはホッと一息。

でもお子さんによっては、2、3日で 「行きたくなーい(>人<;)」 泣く子を毎日送って行く
ママも居たり。 。。。学童が一年生50人も居て、やはり先生の目が行き届かず、初日に
子供同士のケガで口の中を数針縫うケガをした子も居て…
  クラスの先生も当たりハズレがあるらしく、
怖くてヒステリックな先生のクラスは、子供がビクビクしちゃって、やんちゃな子が人が
変わったように大人しくなっちゃってビックリというか可哀想で…
なので、親としては出来れば時間にゆとりを持って子どもと接したいし、
何かあった時やその兆候が出た時点で、子どもの気持ちの面でフォローしてあげたい。
ちょっと寄り添うだけで、子供は安心して、また再び一歩ずつ歩きだせるように思う。。。

フォローといえば、後方支援と言うか、子供自身にやらせるために、親は忍耐、と言うか
口出しせずに見守るようにしたいのだが… それもゆとりがあってのこと。。。。

ウチの子は、忘れ物大王でf^_^; 結局、夏休みの学童に行く際も直ってないので、今だに
毎朝、アレ持った? これは大丈夫? と一つずつ確認(ー ー;)  学校行きだした当初は、
毎日の持ち物を紙に書いて貼り出したりしたけど、ウチの子はソレを見ない^_^;
または書いてあるモノしか用意しなくて、私から今日持って行くってお便りに書いてあったよ、
と言っても、知らない、違う、と持って行かなかったり…(>人<;)

どこまでフォローするかは色々だけど、私は、忘れて恥かかないと直らないなあ、と
思って、途中から何も言わない時期があって、その間は忘れ物しまくり〜(ー ー;)
6月の家庭訪問時に、担任とその話になり、「あゝ、でももう少し見てあげてくださいね、
大事な時も有るので…」と言われてしまいました。。 確かに〜^_^;

しっかし、こんなコトもあり…
忘れ物に登校中に気がつき、取りに帰宅。(友達とマンションの中庭で待ち合わせて
登校しているので、すぐ気がついた) すぐ帰ってきたので、私も
「よく思い出したね〜 エライエライ」とほめて⁈ にこやかに送り出しました。

それから数日後、今度は何日も忘れ続いてたモノらしく、学校に着いてから思い出した
模様… 今日は絶対!だったのか、ランドセルしょったまま、一目散に走って帰宅。
私も出掛けるところで、突然玄関ドアが開いて、「お母さん、忘れた‼︎」 汗ビッショリの息子…
えっービックリ!(◎_◎;) 学校のチャイム鳴ってるよ〜(学校はバルコニーから見える、
目の前なんだけど) 何でも取りに帰っていいんじゃあないんだけど…
ムスコ曰く「この前はヨカッたやん、なんで⁈」
てな、具合で、ため息ばかり。。。気が抜けないと言うか、手が掛かると言うか…

 もちろん、朝だけでなく、夕方帰宅してからも、「あ、水筒忘れてきた」「会員証忘れた」
などなど、学童だけでなく、習い事先からも電話が。。。。プール一式忘れてます〜  
「カバンが無くなってます~」って、お友達が間違えて持って帰ったんだって。。。 
なので、子供だけで取りに戻らせることもあるけど、親も一緒に行かないと、ってことも多くて、
とにかく、「もう、いい加減にして!」といいたくなるのだ。。。

 ちなみに、忘れ物が多すぎる子供って、場合によっては病気かも?と言われたり
してるらしいけど、まあ、ウチの子は、単純に他に集中しすぎちゃって、というか、
注意力散漫なので、仕方ない。。。 夏場は、ランドセル(又は学童のリュック)に
学校プールと放課後サッカーのバッグ、帽子に水筒、 お弁当も、だったりと
荷物が多い。 わが息子は体格大き目なので、なんとか両肩たすき掛けでバッグを
2つとリュックという いでたち だが、子供によっては、拷問のような荷物持ち、、、、
あまりに多い時は、マンション前にかごを用意して、そこに放課後の習い事のカバンを
置いておき、私が留守でも、学童から帰ってきてランドセルとカバンを入れ替えて
夕方の習い事に行ったりもしてる。。

 (最初の頃、夕方の習い事帰宅の際に、私が仕事から帰宅するのが間に合わなく、
玄関が閉まっていて、息子は茫然。。。 私も慌てて帰宅するも、予定時間過ぎているので
姿が無い。。。周辺探すもいない。。。丁度ケイタイに電話がかかってきて、学童の先生から、
「鍵がかかってたからT君、戻ってきてるんですけど、困ります~」  てな具合。。
まあ、居所がハッキリしてヨカッタんですが。。。 
 それ以来、鍵がかかっていたら、マンションの中庭で遊んでいてね、と言ってますが。。。)

多分、ウチの子のような子ばかりではなく、女の子はしっかりしていたり、男の子も
しっかりしている子はいるとは思うので、これは個性というか、個体差、というか…
(周りに聞くと、男の子は皆、忘れ物大王らしい(ー ー;) )

黙って親がやったほうが早いのは、保育園時代だけと思っていたけど、そうではなく…
親がなんでもやってしまうのではなく、子供自身ができるように見守る、後方支援に徹する、
忍耐なり、ゆとりある時間が親のほうに必要だと言えるのではないだろうか。。


3) 親が直面する仕事面での 小1の壁

これは先述のように、親の関わり方と関係する事だが、
親や仕事の周辺での意識が、「小学生になったから、もう、親もいつも通りに仕事が出来るだろう」
と思っていて、仕事のボリュームが増えていったり、多少遅い時間までもOKだろう、と
思われたり…


なんのなんの、まだまだ手が掛かるんです、と言っても、先述のように、一つづつは大したことない
ことだったり、時間を掛けずに済まそうとすれば、出来なくもない。
 ただ、出来れば早く帰ってあげて、子供の話しを聞いてあげたい、早くご飯を食べさせて
九時には寝かせてやりたいと思ったりするわけです。

 自分自身の中でも、小学校に上がってくれたら、手が離れて、もっと仕事が出来る、と
思ってたので、 ジレンマジレンマ。。。。

つまり、子供のことはキチンと見てあげたい、 仕事もちゃんとしたい(又はもっとしたい、
しないといけない) となって、母親自身が、板挟み、というか、「子供か仕事か」
みたいな、二者択一に迫られていて、いつもどちらかにシワ寄せがいったりしては
ゴメンなさあーい、と心の中で謝りつつ、それらがストレスとなっていくのです。。。

思うに、世間的には、こういう↓ 図式が出来上がっている。

小1になれば、預け先が確保できる → 子供の手が離れる → 
母親も仕事に没頭できる。。。

これらが出来ない、スムーズにいかないのは、子供の手が離れない、子供に手を掛けすぎ、
子供の能力の問題、と、ますます母親を追い詰めることになったり、 時間が取れないのは、
母親が上手く家庭での時間をやりくりしてないんじゃないか、等と思われたり。。。。 

 まあ、ちょっと極端ではありますが、 私が言いたいのは、「預け先が確保」という問題が
解決したら、世の中の母親は、皆、男性同様に働ける、と、戦力になる、と思われていること。。。
これは違う!!と言いたい!

 「預け先さえ確保すれば」→  「遅くまで、夜まで仕事ができる」「休日出勤や土日に
働くことも可能になる」 という、 時短勤務からフルタイムが可能になる、 というように
世間からは求められる。。。否否。。。

子供が小さいうちは時短で、子供の手が離れるとフルで、という考え自体が、もう古い!
一昔前の考えではないだろうか。。。 昔はそれでよかった、のではなく、父が外で働き、
母が仕方なく、子育てや教育を一手に引き受けてきて、 そういう社会を良しとしてしまってきた
だけのことだ。。。

根本的に、子供と関わる時間は幼児だけでなく、小学生も思春期もそれなりに必要なんだ、
という考えが置き去りになってしまったり、 母親業をやってる限り(父親業もですが) 
それなりに家庭や家族と関わる時間が必要なのに(育児も介護も)、そういう議論はあまりなく、
とにかく「預け先を」とか、「みんなで助け合って」となる。

皆で助け合うことも確かに良いことだけど、 子供の気持ち・情緒面でのフォロー・受け留めは、
親でないと難しいと思ったりする。 一緒に暮らす者が、日々の日常の生活のなかで
子供と向き合い、成長を見守り後押しする、ことが必要だと思う。 

 そのためには、やはり、時間が必要なのだ。 
時短かフルタイムか、という論議ではなく、誰もが仕事は時短で出来るような世の中の仕組みに
していかないと、そういう意識に変えていかないと、結局は、母親(又は父親)という、
家庭内の問題、となってしまって、子育ても介護も担う方の 「家族」という組織のほうが、崩壊してしまう。。
または子育て出来ない=子供を産まない、 介護出来ない=孤独死や共倒れ、など、
ゆくゆくは社会が崩壊していくことにもなってしまう。。。(大げさとも思うけど、そういうこと。。) 

なので、私としては、ゆくゆくはフルタイムで働けますよ、ではなく、
この短い仕事時間の中で、質の高いアウトプットをしていきますよ、としていきたい。 

皆が互いを認め合い、融通しあい少し、スピーディーという便利さを譲歩すれば、
時短社会は実現すると思うんだけどね~ 

 時短社会になれば、空いた時間で自分の家族の為、だけでなく、自分の病気や健康のための時間、
趣味の為の時間、 スキルアップの時間、 そして、家を創ることに向き合う時間、などなど
いろんな時間が取れて、質の高い生活に繋がっていくと思うのですが。。。。  

皆さんはどう思います??  










関連記事
スポンサーサイト


  1. 2014/08/31(日) 23:00:00|
  2. 私の独り言(子育て)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<防災の日に想う 家具転倒防止はホントウに自助努力?? | ホーム | 一級建築士 製図試験の勉強 体験からのポイント その2>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sumaikoubou55live.blog12.fc2.com/tb.php/189-925697e2
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。