FC2ブログ

住まいのコンサルティング~『心地良い住まいのご提案』

住まいの新築やリフォーム、購入などをご検討の方、インテリアから外観デザインまで、住まいを何とかしたいとお思いの方に少しでもお役に立てるようなヒントを提供できればと思っています♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

昨年の お仕事振り返り

寒い日が続きますが、いかがお過ごしでしょうか・・・

今年も明けて、暦としては、月曜からのスタートダッシュで
瞬く間に1、2週間が過ぎていった印象ですが、皆さんはいかがですか?

以下、昨年の活動の一部、ご報告兼覚え書きですね、私の。。。
よろしければ、相変わらず長いですが(笑) お付き合いくださいませ。。。

昨年は、(っも??)怒涛にように過ぎ去り、ブログで適宜更新とならなかったのが
ザンネン、というか、反省です。 Facebookを始めたようがいいかな~と思案中。。。

ブログに書けるのは、リアルで行ってる仕事というより、仕事とは直接的には
関係ない(かも知れない)けれど、私にとっては重要な活動だと思ってるコトであり。。。

また、今しか出来ない(子育てもあり、100%仕事漬けになりきれない・・・
まあ、十分120%フルスロットル状態なんですが・・・) 
様々な活動や、子供のことなどを紹介させて頂いてる、というわけです。

 仕事は、リフォーム設計や新築設計や申請等ですが、クライアントやお施主さまとの
関係もあり、ここでご紹介するのはそのほとんどを控えさせて頂いてるのが現状です。 

昨年のお仕事の一つですが、古民家のリフォームご依頼も頂き、進めていましたが、
やはり、費用面やどこまでお金を掛けるべきか、等々、中々難しい問題もあり、
スムーズにはいかない、と痛感いたしました。

ですので、様々な活動などを振り返ってご報告~~

昨年夏、開催は、9月でしたが、
あのリフォームの匠、関谷 昌人 先生をお迎えして、
千葉県インテリアコーディネーター協会(Icchi)の20周年記念講演を開催しました。
 130921 関谷先生記念講演

 詳しくは、イッチHP → 
 私の過去のブログ記事はコチラ→ 01 
                 02  
とても好評だった関谷先生のご講演! また、機会があれば、ぜひお聴きしてみたいですo(^ー^)o
関谷先生、ありがとうございました★

  
この準備のため、というか、仕事が重なり、8月から9月、その前の7月から8月も
怒涛の忙しさで、自分の体調も家族の体調もどん底で、タイヘンでした。。。
仕事が忙しいから体調不調になるのか、体調を崩すから仕事が滞って忙しくなるのか、、、
どっちにしてもめまぐるしかった、とはこのことか、、、何事も先手、が大事と思った時期でした。。。

子供の病気の激しさも尋常ではなく。。。以前は高熱で私を引き止めましたが(笑)
最近は、嘔吐・・・もちろん、本人は風邪だったり胃腸の具合が悪く・・・なんでしょうが、
ホントに、ココ!って時に、朝から噴水のように・・・(子供は大人と違って、食道が短いので
アッという間に出てくるらしい。。。) 食事中の人、ゴメンナサイ。。。
リビングやダイニングもエライことになってしまって。。。昨年は数度、遭遇し、やはり、
カーペットやカバー類、飾り物など、なんやかや、と「いいものは買わない」と
心に誓ったのでした。。まあ、 子供自身が一番シンドイのは当たりまえなので、
「一緒にゆっくり休め」というサインだな~と思ってるけどネ。。。。  


10月、11月と、私のライフワークでもある(笑)
家具転倒防止に関する、勉強会やセミナーを、
icon 日本インテリアコーディネーター協会での活動の中で、
行っていきました。
 活動報告レポートまではアップできてないので、
ご案内と、icon HP に掲載のicon通信をご覧くださいませ。
 
 10月セミナー は コチラ →  
 11月セミナーは コチラ → 
 カリモク家具さんと、スガツネ工業さんにご協力頂きました。

 131108 家具転倒防止勉強会

 カリモク家具さんのドマーニ日本橋ショールームには、家具転倒防止を啓蒙する展示が
常設であるので、ぜひ一度ご覧ください。できれば、ご説明してもらえるといいと思いますよ!
スガツネさんのショールームにも様々な展示があり、家具転倒防止や地震対策の展示以外でも
船舶部品の展示など、家具転倒防止や造作家具のデザインとして、これは使える!というのもあり、
見ていてイメージがどんどん膨らんでいきました。 
 私の想いとしては、やはり、こういった金物メーカーさん、家具メーカーさんなどと
コラボして、よりよい、転倒防止策を考えていきたい、と思ってる次第なんですよね。。。
建築下地と三社共同で開発試作などしたら、あっという間に、いいもの出来そうなんだけどね~~ 

 ちなみに、また後日アップしますが、3月4日に、家具転倒防止に関するセミナー
開催予定で準備進めています。 よろしければ、ぜひ、聞きにきてくださいませ★

その合間に、ちょこっと仕事で、インテリアショップでのインテリアコーディネーター座談会に
出席してきました。 この様子は、千葉の地域新聞、 オニオンエクスプレスに掲載!
主に、インテリアコーディネーターのお仕事や、インテリアコーディ―ターに依頼するには、と
いった内容で、3人のICがしゃべっています。 
即興のインテリアコーディネートも、デヴァン八千代店(カリモク家具系列)のご協力を得て、行いました♪ 

131123 オニオンエクスプレス掲載01
131123 オニオンエクスプレス掲載02

 131021デヴァン座談会

 ココチエというインテリアサイトで、このコーディネートポイントなどをご紹介してます。
 よろしければどうぞ☆ 


12月は、建物見学したので、そのご紹介
ひとつは、自由学園明日館 

131210明日館01

フランク・ロイド・ライト設計の現在は重要文化財になってる建物です。

見学は、説明付きで行われてるので、ぜひ、一度ご覧になってください。
私は、大阪時代から、行きたいと思っていた建物の一つだったので、
今回、ICONの 定例会兼忘年クリスマス会で、行く機会に恵まれたのですが
念願の対面に、とっても感動しました~★ 
 やっぱり、実際の建物を見て、その空間を体感しないと、本当の良さって中々わからないものですものね。。

131210明日館食堂

 フランク・ロイド・ライトの匂いがプンプンします~ 
なかなか、フルデザインの空間をまじかで見る機会は少なく。。。
私は、明治村にある、旧帝国ホテルのロビーの保存展示をわざわざ見に行ったり、
以前の住まいの近くにあった、旧山邑家住宅という、現在はヨドコウ迎賓館として
保存してあるのを見て、ライトの住宅設計の粋に感動したものでした。
もし、機会があれば、ぜひ、一度ご覧になることをお勧めします~☆
(神戸や芦屋にスイーツ巡りと共にインテリア巡り建物巡りをするのもオススメですよ) 

話し戻って、、、明日館の講堂は、今秋から、耐震補強工事に入るので
しばらく見れなくなります。 本館の方も長らく工事をしていて、
やっと近年、見ることができるようになったぐらいです。
 131210明日館講堂

 こんな言い方はヘンですが、 いつか建物は壊れてしまいます。
「いつか見に行こう」 ではなく、「いついつ見に行こう」と決めて出向かないと
なかなか出会う機会を見失うものです。 
震災を経て(私の場合、阪神大震災ですが) 私はそういう価値観で動くようになりました。。。 
(マチュピチュも、パリのル・コルビジェも独身時代に見に行っておいてヨカッタです、ホントに。。。)

131210icon定例会

ここで、晩には、日本インテリアコーディネーター協会の忘年クリスマス会が開かれ、
一年の活動を皆でねぎらいました。 (写真はまだお料理出てませんね。。。)
多くの業界関係者とネットワークが出来、また、色んな研究会や勉強会を通じて、
それらが仕事に深みを与えてくれる。 そんな想いで活動しています。

131210明日館ライトアップ

感動の対面だった建物のライトアップ。。。なかなか見る機会がないので、感激です★
 夜間見学会も開催してるようなので、ぜひどうぞ~ 

 ちなみに、3月の家具転倒防止に関するセミナーは、ここでやります!! 


もうひとつ、ぜひご紹介したいのが、新宿せいが保育園~!!

13121604 せいが保育園外観


これも、icon日本インテリアコーディネーター協会の有志による「こども研究会」の
一環の、保育園見学勉強会で、見に行く機会がありました。
最近は、あの佐藤可士和さんも幼稚園をデザインされていたり、と、子供をとりまく環境を
いかによくしていくか、みたいに、力作がたくさんあるようですが、
ここ、新宿せいが保育園は、園長の藤森先生の方針で30年以上前に作られた、
せいが保育園の流れを受け継ぐ、新宿の私立の保育園です。 

私も子供を保育園に預ける現役ママとしての視点で、ついつい自分のところと見比べてしまい、
本来の、施設のインテリア、子供とインテリア、みたいな視点よりも、園の方針や
運営面のほうに注力してしまいました。。。

13121603世が保育園見学

13121602 新宿せいが保育園見学02


131216 新宿せいが保育園見学



それにしても、にぎやかそうで楽しそうですね。 このゴチャゴチャが好きな人と嫌いな人に意見は
分かれるかも知れませんが。。。

保育園HPの間取り図をご覧頂くとわかりますが、 年齢ごとにクラスの部屋がある、従来・通常の
構成ではなく、フリーフロアで、3歳から5歳児が、皆、いつも一緒に過ごしているのです!
お昼寝も同じフロアでゾーンで分けてたり。。。 あまりにも考え方が違うので、最初、ついていくのに
必死でした。。ええっーーそれでええの~? そんなのアリ~??こども、大丈夫~?? 
でも、説明を聞いたり、こどもの楽しそうに過ごす様子、給食を皆でお手伝いしあって、準備する様子など
納得の保育、でした。。。 
 年齢で区切ったり、個室化して保育するのは、あくまで管理がしやすいから・・・大人の都合であって
本当の子供のことを考え、成長を見守り手助けしていくためには、何が必要でどうしていくのがいいのか?
藤森方針は、一つの解を実践していました。 
 いいな~ こういうところに預けてみたかったな~ と思った次第。。。
超都会の、4階建て、園庭がごく少し、というのが、ザンネンでしたが。。。
敷地がもっとあれば、どんな設計になっていたのかな、と興味がつきないです。 

藤森園長の本も出ていたり → 、見学も随時行ってるようなので(職員・こどもは慣れてる様子) 
機会を作って、ぜひ皆さんも知ってください。 
ただしーー 最初に藤森園長の講義が1時間ほど続きます。。。かなり熱い方のようです。。。。

藤森平司著書で、建物の本も出されてます。 「まなびのデザイン」世界文化社 
大学で建築を学んでから保育の世界に入られたようで、異色ですね。。。

13121602 新宿せいが保育園 外観

以上、長々とお付き合い頂き、ありがとうございます。
今年も、様々な活動を通じて、より良き空間の実現に携われるよう、
邁進していこうと思っております。。。





関連記事
スポンサーサイト


  1. 2014/01/18(土) 08:00:00|
  2. 私の独り言(日々のこと)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<建築士会でIT勉強会 | ホーム | 震災の日に想う  南三陸を見てきて>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sumaikoubou55live.blog12.fc2.com/tb.php/178-77b6b27b
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。