FC2ブログ

住まいのコンサルティング~『心地良い住まいのご提案』

住まいの新築やリフォーム、購入などをご検討の方、インテリアから外観デザインまで、住まいを何とかしたいとお思いの方に少しでもお役に立てるようなヒントを提供できればと思っています♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

防災の日 先ずは家具!

130901 防災の日 耐震ラッチ


 今日は「防災の日」★ 皆さんはどうしてますか??
私も以前からあちこちで言ってるように、もう「防災」は日常生活の一部!なんですね~
なので、時間を見つけて、少しでも、何かをしたり、話し合ったり。。。
それが大切だと思いますぅ~~ 
(ウチのダンナも、メンドウだな~なんて言いながらも何とかやってくれそう・・・??)

防災リュックの点検・・・モノの入れ替えやメンテなどなど、半年に一回は見直しを。。。
  過去ブログ → 阪神大震災から18年 減災グッズリストの紹介 
  
        → 防災リュックの点検 

  防災グッズリストでおススメなのは、『人と防災未来センター』が出している、
 防災グッズリスト → ダウンロードページ に移る のところをご参照 


備蓄品の点検・・・これも食べながら備蓄、というローテーション的ストックがいいのですが、
          我が家は結局あまりレトルトや缶詰めを取り入れる、に至らず、それらの消費は
          もっぱら私・・・ まあ、この辺は改善していかなあアカンね~ 
          3日間は欲しいところですが、それよりも、まずは家の中をキレイにして、
          避難経路を確保するところから、ですかネ。。。

   備蓄品と収納 に関するイベントを今年の2月に行ってるので、そのレポートはコチラ→


家具の転倒防止・・・まずは、家の中の防災を!ってことで、ここ2年ほどは特に力を入れて、
           あちこちで言ってます(笑)
          まあ、以前から言ってることでもあり、最近はあちこちで同様の内容も見かけますが、
           要は、家の中で、家具のレイアウトをよく考えて、
           1)避難経路 を確保する
           2)安全な場所 を確保する 
           3)危険なところをなんとかする(固定する、除去する)  

  これも過去ブログ → 上記同様、2月のイベントの報告レポートの後半 

           → 防災の日 家具転倒防止について 

 本当は、家具を置かない、家具を造作にして、作り付けにしてしまう、のが対策というか
家具が無い=倒れない、キケンでない。 ということなんで、それをオススメしたいところでは
あるのですが、それを言って、この問題が解決するわけではなく、
いまだ、多くの家庭で(私ん家も!)家具は後から買って置く、ということは日常的に有る、のです。
なので、この問題は根深い・・・・

ここからは業界内の話ですが~

今、私の所属する団体で、日本インテリアコーディネーター協会 の中で、
私を中心にプロジェクトを組んで、 よりインテリア性を高めた家具転倒防止措置はないか、
家具を置きつつ、どのようにしていけば、美しく転倒防止措置が図れるか、を模索中です。
やっぱりIC(インテリアコーディネーター)として、おススメの方法や金物が無い、っていうのは
何とかしないとネ★


家具、金物、固定する壁面など の3者が一体となって取り組まないと、いつまでたっても
この問題は解決せず、目先の考え方で、後付けでおざなりなモノで済ましてしまう、という事態が
ずーーと続いている、と思います。 

 もっと、私たち建築やインテリアに携わる者が積極的に関わり、根本的に改善していかないと
いけないし、また、消費者、生活者である皆さんが(私も一生活者)もっと声を上げて、
「こんなカッコ悪い方法しか無いのか~!!??なんとかせいっっーー」と言わないと、
全体としては中々動いていかない。。。 
 大学は研究や実験に注力しがちで、中々トータルで進める、ということにはならないようだし
(専門分野の範囲だけ深化しようとする・・・仕方ないけどネ・・・) 

 先日も、東京消防庁パンフを作成しているところに問い合わせたところ、

やはり、この件は、頓挫、というか、進歩が遅いようで。。。。
同時に推進してるオフィス家具の転倒防止措置は、業界挙げて推進しているようで、
(そりゃ、すぐ商売に直結するもんね・・・) 
随分と、都内のオフィスは防災措置が行き届いている、ということらしいが。。。
個人の住宅の家具転倒防止に至っては、推進者不在というか宙ぶらりん、なようで(勝手な推測ですが)、
「皆さん、固定しましょう~」だけでは、遅々として進まない、昔のまんま、というのが
現状のようです。当たり前~

(違ってたら、ぜひ教えてください! 進んでいるなら、ぜひ、声を大にして
アナウンスしてほしいです!!)
 
 またまた熱くなってしまいましたが~~ 
この件は、今年度、仕事の合間でのプロジェクトだけど、なんとか進めたい~
ご興味のある業界関係者の方は、ぜひご一報を!!
 

っと、いうことで、一般の方は、行政や建築業界から何かスバラシイモノが出てくるのを
待つのではなく! コツコツと自分の家の 家具の転倒防止、防災措置にいそしんでください★

上の写真は、ムラコシ の 「耐震ラッチ」 
 開き扉の内側に、後付けできるモノで、揺れたり振動で、ロックが掛かり扉が開いて
食器などが落ちるのをふせぐ というグッズです。 
 ホームセンターなどでも売っていて、扉の下地がちゃんと有るかどうか(ネジが効くかどうか)
位置をキチンと正確に留めつけることが出来るか、など、クリアすべき課題は多少あれど、
素人さんでも、出来る、地震対策です。 
 まずは、ここから~~ 

これら、リュックの点検やら家具の転倒防止措置やら、一日だけでは足りないのは
明らか・・・なので、今月を目安にちょっとでも行えるといいですよね・・・ 
 
 
 私としては、阪神大震災の時は大阪で、東日本大震災は浦安で、少なからず被災した経験上、
また、住まいや建築に携わる立場上、これらの「防災意識」「危機意識」を少しでも
皆さんにも持って頂き、少しでも、「減災」につながれば、と思っています。
(やっぱし、実際被災を目の当たりにした人と、そうでない人では、危機意識が違うよね。。
 でも、それってしょうがないから、危機意識を抱いた人が、それを伝えていくしか無い、よね。。。)
 

まっ、私が思うに、モノを揃えるのも大切だが、まずは、近隣との「挨拶から。 
それが共助 につながると、とみに思う此の頃ですね~




関連記事
スポンサーサイト


  1. 2013/09/01(日) 09:00:00|
  2. 耐震 防災 液状化|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<ハイグレード、オシャレ、オリジナルな壁紙 トミタ   | ホーム | 藤森 照信氏の講演会レポート>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sumaikoubou55live.blog12.fc2.com/tb.php/168-4cf5aed9
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。