FC2ブログ

住まいのコンサルティング~『心地良い住まいのご提案』

住まいの新築やリフォーム、購入などをご検討の方、インテリアから外観デザインまで、住まいを何とかしたいとお思いの方に少しでもお役に立てるようなヒントを提供できればと思っています♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

インテリアの記憶

 11月8日から11日まで東京ビッグサイトで行われている
インテリアフェスティバル2011 そちらのIC&KS専用PRコーナーに出展している
私の展示パネルの中から、全体テーマである、
「インテリアの記憶 -Memories」 についての
私のコラム を このブログにも掲載いたします。 

実家の玄関

「実家の玄関」   

  大阪の実家の玄関、 いつも帰省の際、ガラガラガラ~とその引戸を開ける音で
 自ら帰ってきたんだーと実感するのが、この玄関です。 
  高校生の頃に今の実家に引っ越したのですが、大学が京都ですぐ下宿したこともあり、
 その家は私にとっては帰って寝るだけの住まいで、それまでのいくつかの小さい頃の
 住まいに比べても愛着が沸くような親近感はなかったのでした。 
  特に玄関は、ガラガラ~のサザエさん引戸! 私達子供は、ただでさえ大阪の田舎
 (大阪の北海道と言われた端っこ、一応新興住宅地)に引っ越してきたのに、
 さらになんでこんな昔風なん?!周りのお家はどこも瀟洒な洋風ドアなのに・・・っと
 毛嫌いしていたもんです。
 
 大学を出てハウスメーカーで働き出した頃、実家に来る人が皆、一様に
 「この玄関は広いですね~」っと言っていて、確かに、玄関ホールが両隣のLDKと
 和室の廊下も兼ね、水周りや階段の動線も兼ねてる為、広めにとってある3畳程の
 ことを言っていると思っていたのですが、

 ある日、母との話の中で、以前の家が京間サイズだったこと、だからこの家も
 京間サイズで作ったことを初めて知り、 だから、玄関がよそと比べても
 広く感じるんだ~ と納得したのを 覚えています。 
  それまで私はハウスメーカーにいながらも、インテリアは大好きだけど、
 住まい全体までを 見る目など無く・・・
 その京間のこと、空間のこと、広く感じるってどういうことか、などなど、
 今までとはグッとモノへの見方が変わっていった出来事でした。 

 その玄関は、母のこだわりが随所に感じられ(っといっても一般人の普通の
 感覚ですが)木の板張りの壁や天井は和風でありながらも昔風ではなく
 (昔は砂壁) 長い靴箱のカウンターは、季節の花や寄せ植えや盆栽を飾るのに
 丁度よく、 壁面には趣味で習っていた絵がよく飾られていました。  

 
  私が久しぶりに帰省し、玄関先で、その花のことや、以前と違う絵のことを言うと、
 「気づいてくれたのはアナタだけ!」と言って、機関銃のように説明が始まります(笑) 

 実家の玄関は、一見何の変哲もない空間ではありますが、その空間を構成するもの、
 飾るもの達、明るさや色合い、ガラガラという音などの五感に感じうる全てが、
 住まい手の記憶に染み込み、「我が家の玄関」となっていくのでしょう。 
 それは、どこの玄関も似たような空間であっても、唯一無二なもの。。。 

  そんな記憶に残る、そこの空気を造る、家族のコミュニケーションやつながりへの
 一助となるような、そんな空間造りに携わっていけたら、と思っております。

  今のマンション住まいの玄関はタタキも入れても2畳もない狭い空間。 
 小さな息子がお父さんを見送りお迎えするには丁度いい?!のですが、
 やはり、子供の成長に合わせ、玄関も広くしていきたい!ですね。。。   
 

最後までお読み頂き、ありがとうございました。 



参加してます♪

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ


関連記事
スポンサーサイト


  1. 2011/11/09(水) 10:00:00|
  2. 設計あれこれ―インテリア―|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<トークショー 耐震転倒を考慮した家具配置 | ホーム | 明日からイベント>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sumaikoubou55live.blog12.fc2.com/tb.php/121-0050335d
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。