住まいのコンサルティング~『心地良い住まいのご提案』

住まいの新築やリフォーム、購入などをご検討の方、インテリアから外観デザインまで、住まいを何とかしたいとお思いの方に少しでもお役に立てるようなヒントを提供できればと思っています♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

お知らせ

 このブログにご訪問頂き、ありがとうございます。

このブログ  住まいのコンサルティング~「心地よい住まいのご提案」 は、

休止することにしました。 お読み頂き、ありがとうございました!


 ・事務所WORKは、 こちらのブログにてアップしていきます⇒ ライブドアブログ

  ・弊事務所のHPをリニューアルしました。 お知らせはそちらをご覧ください。
  タイムリーなのはFacebookページですので、そちらをご覧ください。
  (Facebookをしていない人でも見る事ができます) 
    HPはコチラ ⇒ 

   事務所のFacebookページ はコチラ⇒

 ・家具転倒防止の活動や情報については、また機会を見て、何らかの形で
 発信していければと思っております。 
   防災とインテリア研究会 Facebookページ  
   防災とインテリア研究会 活動ブログ ⇒ 
   icon ブログの中の カテゴリ『防災とインテリア研究会』



 ・このブログは当面は残しておきます。 

 ・ご連絡などは弊事務所宛てにお願いします。 

ご覧頂き、ありがとうございました!!  

Let's meet again sometime and somewhere.




スポンサーサイト


  1. 2018/04/09(月) 23:59:59|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

家具転倒防止対策は家具の配置換え・レイアウト変更から 02

後半編です。。。

3)家具レイアウト見直し、 出来ることと出来ないこと

 レイアウト見直しや、安全スペース確保が出来ない、もう一つの理由は・・・
  口で言うのは簡単、気持ちの面でも大丈夫、 でも出来ない。なぜ?

それは家具が重いから! 一人で簡単に出来るのは、中のモノを捨てる作業ぐらい。
家具の配置を変えたり、不用品として、外に出して廃棄処分を行う。 これがまた大変。

2人以上の力持ちの大人=大抵は男性、にお願いしないといけない。
だから、引越しの時やリフォームの時、又は家具を買い替えた時に搬入作業者にお願いできた時。。。

おぉ、そんな・・・地震とそのタイミングとどちらが先に来るんだい?!ってカンジですよね~~

 今は、このように、家具レイアウト変更だけ、不用品の家具を持ち出して、処分をお願いしたい、
としても、ちょっと怪しげな不用品処分の業者ぐらいで(ちゃんとした人も多くいらっしゃるとは思うのですが!)
正規のサービスとして存在してないようです。私もお勧めできるサービス会社を知っているわけではありません。

 
4)助け合い?? 望まれる自治体サービス、民間サービス、ボランティア

そこでどうするか? 次のうち、どれかは出来そうですか??

ア)自治体のサービスを問い合わせる 
イ)自分たち仲間同士で、それぞれ手伝う
ウ)地域や仲間で、サービスをまとめて依頼し利用する
エ)ボランティアにお願いする


ア)自治体のサービスに問い合わせ 現状はたぶん無い
 現状、家具転倒防止に関する自治体サービスの多くは、高齢者向けの、
家具の固定を実費で行ってくれる、又はその作業に一部補助金が出る、といったサービスです。

 これは以前からありますが、この従来サービスがこのテーマの既成概念を形作ってしまっている
感があり、私としてはここから脱却する必要があると思っているのですが、
まあ、それはさておき。。。

 家具の固定サービスの前に、「家具を移動してもらえないか?家具を固定する前に
キケンだから処分したい、配置換えしたいから手伝ってほしい」と相談してみることを
お勧めします。 シニアや学生の「なんでもボランティア」を紹介してくれたり、もしかしたら、
新たにサービスを検討してくれるかもしません。

 ここで問題だと私も感じているのは、高齢者向けのサービスしか自治体が用意していないこと。
防災や安全に関わることで、民間のサービスが無い現状では、もう少し、検討して
ほしいものです。  
 今は、一人暮らし、親と子の大人2人いない家庭、と、家族の在り方は多様化してます。
昔からの家族4人でお父さんは力持ち、DIYが得意、という枠にはめた家族像から脱却した
今の実情にそったサービスが求められています。 


イ)自分たち仲間同士で、それぞれ手伝う
  これは、仲間同士が、力持ち、という、例えば学生の仲間同士、サークル友達、
又は社会人の仲間、会社のつながり、などの仲間。。。
 広げていくと、マンションの住民同士、地域の中の仲間で、となります。

要は、力持ちのいる人が、お互いの家の家具レイアウト移動や処分のための運び出しを
手伝う、といった事です。
 これも、「共助」となり、国が、防災の専門家が声高におっしゃってことに繋がります。

はてさて、出来そうですか??

 学生同士、お友達同士なら、まだ出来るかも知れませんが、実は、多くの人は、
顔見知りにでさえ、いや、こそ、自分の家の中に入ってこられるのを嫌がります。 
なので、身内=親戚とか、ご近所同士、お仲間同士で助け合い、というのも、
この家具転倒防止の対策に関しては、難しい一面があるのではないでしょうか。

 出来れば、顔も知らない赤の他人に気軽に頼みたい、
なのに、そういう、家具移動・レイアウト変更サービス、ビジネスが無い、ってことに気が付きますよね。


ウ)地域や仲間で、サービスをまとめて依頼し利用する


  なぜ、そういう家具レイアウト変更=家具移動をしてくれるサービスや、
不用品を外まで運んでくれたり、正しく処分に導く といったサポートサービスが
見当たらないのでしょうか? (処分サービスはあるが、運んでくれるサポートなど)

ここでいうサービス、とは、お金を払うと依頼に応じて対応してくれる、というものです。

先ほど、書いたように、サービスはあるにはあるけど、需要が少ないためか、
従来からのイメージからか、キチンとした業者さんがいないのが現状のようです。
 電話一本で取りにきてくれるって、大丈夫だろうか?費用をふっかけられないか? 
様々な不安がある中、少しづつですが、ネットの普及と共に、正しいサービスを行ってくれる、
不用品処分やなんでもサービスの中での家具移動サービスが存在してきています。

最近の中古品売買に持っていってくれるサービスなどもありますね。

 一人で、一家庭で依頼するのが不安だったり、費用が割高になりがちだったりする場合、
近隣の仲間、知り合い同士でまとめて依頼して、家具の移動・レイアウト変更や、
不用品家具の引き取りサービスを利用されてはいかがでしょうか? 

 日にちを限定して、4、5軒まとめて回ってもらえると、業者さんも効率いいし、
依頼側も費用を抑えられるといったメリットがある
のではないでしょうか。

 本当は、自治体から、家具レイアウト替え、移動や処分について、積極的にキャンペーンや
重点取り組みを行ってもらい、 防災対策の一環としてサービスやアクションを集中化すると、
住民も重い腰をあげるきっかけになったり、意識も変わったりして、家具転倒防止も、
最初の一歩が踏み出せると思うのです。 


エ)ボランティアにお願いする
 私は個人的には、何でもボランティア頼み、という行政の考えにイマイチ賛成はできません。 
 ボランティアというのは、あくまで、能動的に善意に動いてくれようとして人に、ビジネスとして
金銭授受が成り立たないワークについて、補う、という、「善意」に依存した作業だと思っています。

 家具転倒防止対策も、家具移動・レイアウト変更サービスも、不用品持ち出し処分サポート
サービスも、ビジネスになるかどうかの前段階としてのテストケースとしてや、
ニーズや対策についての効果検証の為に行うのであればいいのですが、やみくもにボランティアに頼り、
課題や問題点を把握して次に進めるといった検証をしない現状には中々賛同できず、
もっと社会の仕組みとして根本的に改善していく取り組みが求められているように思うのです。

 その為には、この家具転倒防止対策も、住民各自から、「出来ない」ことをちゃんと声を挙げて
行政に届けていかないといけない、自助、自助、と押し付けるな~~ と、言わないと、
中々、現状を理解してもらえません。

今は、行政もキビシイため、出来るだけ私達各自が防災対策に取り組む必要があるわけですが、
この転倒防止対策については、もう少し、根本的な改革が必要で、そのうえで、自助として
行うべきこと、ベースとして出来る環境、を作っていくべきこと、に分けて考え進めていくことだと思います。
どうすれば出来るようになるか、真に出来るようにするための、骨格を変える議論や検討を
行っていく必要性を感じています。 



最後までお読み頂き、ありがとうございました。


筆者の活動に活動にご興味持って頂いた方は、ご連絡を!
ぜひ、情報共有交換を図りながら、ご一緒に前に進めていきましょう。
よろしくお願いいたします。





  1. 2017/01/17(火) 16:02:00|
  2. 耐震 防災 液状化|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
| ホーム | 次のページ→
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。